アメリカ移住の記録

K1ビザで入国。南カリフォルニアでゆったりやってます。

【K1ビザ】やっと入国しました。

お久しぶりです!

2月末に仕事を退職し渡米するまで旅行しまくったり、毎日友達と飲み歩いたりしていて更新するのを忘れていました。笑

 

4月16日についに渡米しました。

色々記録しておきたいことはあるのですが、時差ボケのせいか夜中の3時半に起きてしまい今これを書いているので、短く書いておきたいと思います。

 

KIXからシアトル経由でロスへ。

シアトル〜ロスはビザのこともあるため、多めに4時間の乗り継ぎ時間を取っていました。シアトルに到着し、係の人にK1ビザ持ちであることを伝えると一般の入国審査とは別のレーンへ案内されました。

私の前に1人日本人が同じく茶色い封筒を持って審査を受けており、それが15分ぐらい掛かっていました。私の後にももう1人、日本人が茶色い封筒を持っており、計3人、ビザ持ちの日本人がいました。(外国人はいなかった)

私の番になり、茶色い封筒とパスポートを渡すと、以下の質問をされました。

・シアトルに来るのは何回目?

・移住は初めてだよね?

・K1ビザで入国すると何をしなければいけないか理解してる?

(普通に、「90日以内に結婚しなければいけないんですよね〜」「そうそう」っていう会話で終わりました。)

・心の準備は出来てる?

(フレンドリーな入管の方だったので、冗談混じりに「I think I'm ready」と言うと笑ってましたw)

以上の質問だけされて、あとは指紋、写真を取られ、パスポートにスタンプを押され終了。

私の場合、10分位で終わりました。

 

その後、3年ぶりのSeaTacにてビールを飲みまくり、良い感じにほろ酔いになり、LAXへ。無事彼と会い、自宅となるアパートへ。

 

さて、10年ぶりのアメリカ生活(永住は初めてだけど)、頑張りま〜す。

 

<タイムライン>

2018年2月9日:I-129FをUSCISへ発送

2018年2月14日:NOA1受領

2018年10月17日 : NOA2受領(245日) 

2018年11月7日 : NVCに電話。ケースナンバー取得

2018年11月11日:DS-160記入&申請完了

2018年11月13日:NVCからメール受領(ケースが東京の大使館に転送されました)

2018年11月17日 : プロフィール作成、面接料金支払い完了($265)、面接予約完了(来年1/28)

2018年12月7日:大使館からパケット届く

2018年12月20日渡航検診

2019年1月28日 : 面接→Approved!

2019年2月28日:退職

2019年4月16日:渡米

【K1ビザ】パスポートついに戻ってくる!

夕方にSMSが入ってきたと思ったら、パスポートが発送されたお知らせでした。

f:id:OCgirl1987:20190205191241j:image

メールを見てみろと書いてるので確認したところ、トラッキングナンバーなどの情報が書かれたメールが1通きてました。

f:id:OCgirl1987:20190205191343j:image

親曰く、不在票が入ってたらしいので、明日取りに行ってきます!

 

【K1ビザ】CEACのステータス

1月28日に面接を受けて承認されてから数日経ちますが、まだパスポートが手元に届いていません。なんならCEACのステータスもずーーーっと「Ready」のままでした。

面接受けたのになんで「Ready」のままなんだろう・・・と不安で、ネットで色々調べてみたところ、私と全く同じ状況の方のブログを発見!その方が大使館にメールで問い合わせたところ、K1ビザのプロセスに技術的な問題が発生しており、ビザ発行に遅延が発生している、との回答があったとのことです。

でもその次の日には無事解決されたらしく、その方のCEACのステータスがついに変わったとのこと・・・。私も昨日確認してみたら、「Ready」から「Administrative Processing」に変わってました!

NOA2まで10ヶ月も掛かったり、やっと面接が終わったと思えばシステムの問題で遅延が生じたり、何かビザに関しては本当ツイてない私・・・。

パスポート、今週来るかな?来たらアメリカ行きのチケット買って、東南アジアの旅行も計画しよう^^

【K1ビザ】大使館の面接でした

携帯から書いてます。

今日は8:30から大使館の面接でした。

朝早いため、前日から東京に来て、大使館に近い赤坂のホテルに宿泊。

 

8時に大使館に到着したら、すでに3、4組が列に並んでいました。セキュリティーチェックを受けた後、「ビザ申請はこちら」との案内があるドアに入ります。

入ると日本人の女性2人が受付におり、面接予約票とパスポートを提出するように言われます。すぐに返却され、部屋の中へ。

私のあとから続々とビザ申請の方が入ってき、8:30の時点ではおそらく30人以上の方が待っていたので、8時に来て正解でした。(受付順に番号札で呼ばれるので)

 

番号を呼ばれる間に、インストラクションを読みながら書類を順番に並べて、大使館から渡されたクリアファイルに入れていきます。

そうこうしている間に窓口に呼ばれ、書類の確認をされます。私の呼ばれた担当者がアメリカ人で、書類を確認されながら「彼の仕事は?」とかいくつか質問されたので、これが面接‥?と思ったのですが、ただの書類チェック中の雑談でしたw

その後、しばらく待って指紋取って、またちょっと待ってたら私の番号が呼び出され。

黒人の女の人からいきなり英語で「右手を上げて、これからあなたが話すことに嘘がないことを誓って下さい」と言われ、そのまますぐ面接笑。

(言語の選択肢はなく、ずっと英語でした)

 

聞かれた質問は

どのように出会ったか

彼の職業

結婚しようと思った理由

 

だけでした!笑

もっと聞かれると思ってたから拍子抜け。ビザapprovalされましたよー、と言われた時も何かスムーズに行きすぎて実感が湧かず、喜べなかった笑。

8時に到着し、8:30から呼び出され、9時には大使館を後にすることが出来ました。

 

ここまで来るのに約1年!!とりあえず今日はビールでお祝いしよう㊗️

 

<タイムライン>

2018年2月9日:I-129FをUSCISへ発送

2018年2月14日:NOA1受領

2018年10月17日 : NOA2受領(245日) 

2018年11月7日 : NVCに電話。ケースナンバー取得

2018年11月11日:DS-160記入&申請完了

2018年11月13日:NVCからメール受領(ケースが東京の大使館に転送されました)

2018年11月17日 : プロフィール作成、面接料金支払い完了($265)、面接予約完了(来年1/28)

2018年12月7日:大使館からパケット届く

2018年12月20日渡航検診

2019年1月28日 : 面接→Approved!

ーーーーー予定ーーーーー

2019年2月28日:退職

2019年4月13日:渡米

 

退職日決定しました。

大使館のインタビューがいよいよ来週月曜日に迫ってきました。何かソワソワするし、とにかく不安。。書類に不備がないように、毎日チェックしています笑。もしビザ下りなかったらどうしよう・・・とか考えてしまい、仕事も手につきません(←という言い訳w)。

 

ビザ承認後に退職する旨を上司に伝える予定でしたが、色々と状況が変わり年明け早々退職願を出しました。私2度目の結婚ということもあり、プライベートでも家族以外は今回の渡米の件を伝えておらず、周りにも付き合ってる人がいることすら隠しており・・・

そんな中、東京の転勤を打診されたり、新しいプロジェクトにアサインされる予定になったり、私の所属チームが今年1月から変更になったりして、このまま行くと後々さらに迷惑をかけてしまうかなと思い、せめて新しいプロジェクトが始まる前に伝えることにしました。

退職日の交渉等が今日やっと終わり、最終出勤日も決定。2月は中旬まで引継ぎをし、残りは有給消化することになりました。

会社の人たちには結婚することも伝え、良い形で退職出来そうです(迷惑かけてしまっていることは本当に心苦しいですが・・・)。

 

渡米日は今のところ4月13日で進めています。

4月初旬には彼と彼の両親が来日、顔合わせ。

ビザ承認されたら荷造り・・・。

(皆さん荷物の送り方でオススメあればご教示下さい。郵便局で船便をお願いしようとしているのですが、どうでしょうか。)

退職した後も忙しくなりそうです。

 

<タイムライン>

2018年2月9日:I-129FをUSCISへ発送

2018年2月14日:NOA1受領

2018年10月17日 : NOA2受領(245日) 

2018年11月7日 : NVCに電話。ケースナンバー取得

2018年11月11日:DS-160記入&申請完了

2018年11月13日:NVCからメール受領(ケースが東京の大使館に転送されました)

2018年11月17日 : プロフィール作成、面接料金支払い完了($265)、面接予約完了(来年1/28)

2018年12月7日:大使館からパケット届く

2018年12月20日渡航検診

ーーーーー予定ーーーーー

2019年1月28日:面接

2019年2月28日:退職

2019年4月13日:渡米

【旅行】今までの旅行を振り返ってみた

           f:id:OCgirl1987:20190114003736p:plain

3連休前に風邪を拗らせてしまい、今とても暇なので、いくつかの回に分けて、大好きな旅行について書いてみようと思います。今回は私の旅行歴をリストにしてみました。

今までの旅行歴

 2003年8月:ニューヨーク、ニュージャージー

 2006年8月:ニューヨーク

 2008年2月:ソウル

 2009年から1年間:シアトル(留学)、ニューヨーク(1週間程の旅行)、その他ポートランドバンクーバー、ビクトリア(日帰り)

 2011年2月:シアトル、ベガス

 2011年3月:香港

 2012年5月:台北

 2013年2月:バンコク

 2013年12月:ボストン(出張)

 2013年12月:オシュコシュ(ウィスコンシン

 2014年3月:サンフランシスコ(出張)

 2014年10月:台北

 2014年12月:ボストン(出張)

 2015年3月:サンフランシスコ(出張)

 2015年4月:香港

 2015年6月:グアム

 2015年10月:バリ

 2016年2月:シアトル

 2016年5月:ソウル

 2017年5月:プーケット(社員旅行)

 2017年12月:ロサンゼルス

 2018年2月:セブ(社員旅行)

 2018年5月:香港、マカオ

 2018年8月:バリ

 2018年10月:ソウル

 2018年12月:モントリオール、オタワ、ケベック

 

中々旅行していますが、結構同じところばかりに行っていますねぇ。。

2019年はロサンゼルスに移住することもあり、しばらく海外旅行が出来ないので、渡米前にもう1回だけ東南アジアに行きたいなと思っています。その候補が今のところ、ハノイホーチミン、コタキナバル、もう1回バリ、です。予算があれば、このうちのどこかに行きたいなと思っています。

 

 

【2019年初ブログ】モントリオールに行ってきました。

皆さま明けましておめでとうございます!今年も宜しくお願い致します。

最近バタバタしていたため、ブログを書けずにいました。何をしていたかというと、有休を夏休みに続き再びがっつり取り、10日間ほどカナダのモントリオールに旅行してました。(うちの会社は外国人のメンバーがほぼ8割なので、冬になると皆んな長期休暇を取り2〜3週間本国に帰ったり、日本人も1〜2週間海外旅行したりしています。売り上げには厳しいですが、休みには寛大な会社ですw)

 

なぜモントリオールにしたのか・・・ということは後述しますが、実はNOA2待ちの10月に「4月から半年もお互い会っていないし、自分の気持ちが離れていきそうで不安。NOA2がいつ来るか分からない中これ以上遠距離続けていけないかも。」となってまして。で、NOA2待ちの間にアメリカに行くのは避けたかったので、カナダで会おうとなったわけです。モントリオール行きのチケットを取った2〜3日後、NOA2承認のレターが来たという笑えないオチがありますw)

 

彼がLAXから飛ぶので、バンクーバーの候補が出ていたのですが、私がシアトル在住時代に2回行ってるので却下(笑)し、思い切って中学生の時からずーっと行きたかったモントリオールを選びました。

 

f:id:OCgirl1987:20190110005710j:plain

(ちょうどクリスマスの時期だったので、街並みがさらに綺麗になっていました)

 

どうでも良い話ですが、私が昔から洋楽(マニアックな話ですが、いわゆるindie rockと言われるジャンル)が好きで、ケベック出身のバンド、Arcade Fireのデビューアルバムの「Funeral」が2004年にリリースされた時はもうすごく衝撃で・・・。今までUS indieしか聞いてなかったけど、ケベックモントリオールにもこんなすごい音楽シーンがあるんだ!!と感動し、それ以来ずーーっと行ってみたかったのです。

ちなみにモントリオールはArcade Fireはもちろんのこと、その他The Stills(高校生の時大好きだった。ファーストアルバムは今もよく聞く位好き)等良質なバンドを沢山輩出しているし、エレクトロニカのジャンルでもたくさんの良いインディーアーティストがいます。アートシーンも面白いです。

 

話が逸れてしまいましたが、そんな感じで、私の勝手な判断でモントリオールでの再会を希望し、先日日本に帰国しました。

モントリオールの冬は厳しく、連日マイナス10〜15度が当たり前!行く前に購入したマイナス30度まで耐えられるアウトドア系のダウンとスノーブーツが超役にたちました。そんな憧れの地でクリスマスと新年を彼と過ごすことが出来たので、良い思い出になりました。(あと、本当にこのタイミングで会っといて良かった・・・と思いました。)

 

モントリオールだけでなく、ケベック、オタワも観光したのですが、それはまた別記事に書いてみようと思います。

 

ではでは〜。